ひざ痛で正座ができない!北国の恵みで改善できるの?

ひざ痛で正座ができない!北国の恵みで改善できるの?

ひざが痛くて正座ができない!ひざの異常を感じて整形外科を受診して、初めて変形性ひざ関節症がわかることがあります。

正座ができないといっても症状はさまざまです。

  • ひざを曲がると痛い
  • ひざは曲げられるけど体重をかけると痛い
  • 短時間の正座はできるけど長時間ができない

また、正座そのものよりも、座る時や立ち上がる時に痛む場合もあります。これは、立ったり座ったりする動作の方がひざにかかる負担が大きいためです。

 

こうした痛みの特徴は、しばらく安静にしていると痛みが徐々に治まってきます。

 

そのために、単なる疲れや年のせいと思い込みがちですが、実はこうしたちょっとした症状が変形性ひざ関節症の始まりであることが多いのです。

 

そもそも、痛みでひざをかばってあまり使わなくなると、ひざ関節の周りの筋や腱、靭帯が委縮して柔軟性が失われ、ひざを自由に曲げたり伸ばしたりできなくなってしまいます。

 

次第に力を入れても、手を使っても曲げ伸ばしできない状態になります。これを関節拘縮(こうしゅく)といい、正座ができなくなったり、しっかりとたてずに、ひざの関節軟骨にかかる負担が大きくなり、日常生活に支障が出てきます。

 

そうなる前に、ひざのストレッチングで柔らかなひざを保つことが大切です。


ストレッチングによって、次第にひざが柔らかさを取り戻し、ひざの動く範囲(可動域)が広がり、正座が可能になり、まっすぐひざを伸ばすことができるようになります。

その際に、北国の恵みで関節軟骨の成分を摂取しながら、ストレッチングなどの運動療法を行えば、ひざ痛を比較的簡単に軽減することが期待できます。

 

なぜなら、ストレッチングがひざ痛に効果的とわかっていても、痛みがあると、ひざを動かすことがおっくうになります。

 

そこで、北国の恵みでひざの痛みを緩和すれば、ストレッチングなどの運動療法がやりやすくなります。

 

できれば、症状が軽いうちに始める方が早く改善しやすくなります。

 

北国の恵みは、初回限定480円でお試しができるので、すぐに始めることができます。

 

 

ひざ痛の症状を悪化させてしまう前に、北国の恵みとストレッチングで関節のつらい症状を緩和させましょう。

 

簡単ですが、ストレッチングの正しいやり方を紹介します。

 

ストレッチングの正しいやり方

ストレッチングとは「柔軟体操」のことで、痛みが出ない範囲でゆっくりと行うのが重要なポイントになります。

  • 反動をつけずにゆっくり行う
  • 痛みを我慢せずに痛みが出ない範囲で行う
  • 痛みが出そうになったらやめて、30秒間静止する

この3つの点に注意して、ゆっくりとひざを伸ばしたり、曲げたりします。

 

強い痛みでひざを深く曲げられない時には、お風呂の中で行うのがいいでしょう。ひざが温まり、浮力で負荷が減るために痛みが軽減されて、やりやすくなります。

 

また、お風呂上りでひざが温まっているときに行うと効果的です。